スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
育児グループ相談
20051008


さんまの竜田揚げ
茄子のひき肉はさみ揚げ
モロキュウ
トマトサラダ

生まれて初めて秋刀魚を三枚におろしました 。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ
こんな残り物じゃなく、ちゃんとした写真を撮る予定だったのに・・・

料理を終えて、あーなんか彩り悪いなぁと思って
冷蔵庫のトマトに手を伸ばす
トマトをスライスし終える瞬間


ザクッ


イタッ!! Σ(゚д゚lll)

左手小指負傷i|l|li_| ̄|○il|l|i
結構傷は深かったらしく、血が止まらない・・。
というわけで、オットと子供に先に食べてもらって私は動脈をぐっと閉めながら手を高々と上げ続けていたlll(- _ -;)lll

あとで気がついたけど
どんな包丁の扱い方をしたら小指をざっくり切れるんだろう?
われながら不思議すぎる。



今日はいちごっこの赤ちゃんの日。
高校時代の友人Mちゃんも誘って行ってきた。
今日は県の子育て相談課(?)から、相談員の方が来るというのだ。
お悩み相談はもちろん、いいお話も聞けるかもしれないというので、行ってきた。

子供達は保育士さんに預かっていただき、親だけが話を聞く。
(いきなり親と引き離され、号泣の子供続出(;´Д`)ノ)
個別相談かと思っていたが、グループ相談だそうだ。
皆でいろんな悩みや意見を出し合ってこれからの育児の糧にしましょう、というのが趣旨らしい。こんなのは初めてなので、ちょっとワクワクしてしまう私。
20人ほどのお母さんが来ていたのだが、まずは2組に分かれて話をする。


「1人ずつ、子供の紹介・名前の由来をしてください。」

なんだかよくわからないが、一人一人自分の子供の名前や年齢・そして子供の名前をどうやって考えて付けたのか話し始める。
最初はなんでそんなこと・・・?と思ったのだが、話を聞いているうちに、皆生まれてくる子供にいろいろな願いを託して名前をつけているのだなぁと関心した。そして、皆、子供のことを愛しているのだなぁと。名前の付け方も十人十色、子育てのスタイルも十人十色です。もちろん、子育てに対する悩みも、人それぞれいろんな悩みがある。

その後、また全員で輪になり、今度は悩みの相談を始める。
顔見知りのお母さんがドキッとする質問をした。

「虐待と躾の境目ってなんなんだろう?」

相談員の方は、少し考えてから言った。

「一言で言うと、親が心から子供に謝れるかどうかです。」

”叱る”と”怒る”は違うのだと言う。
子供が、育っていく上で、してはいけないことをしたら”叱る”のは親の役目。当然のこと。愛情があるからこそ、”叱る”
しかし、”怒る”というのは、感情が伴っている。
感情的になって怒ると「何回言ったらわかるの!?」「そんな子は嫌い!」など、子供を怯えさせる暴言を言ってしまうこともある。
そんなときは、後で落ち着いた後、仲直りして子供に謝らなければいけない。
さっきはごめんね。怒ってごめんね。お母さん、あなたにこうしてほしかったの。今度から、こうしようね。
親だって人間で、カッとなったり、涙が出たり、いろんな感情があるのも当然。でも、子供に対して怒ってしまったときは、ちゃんと謝らなければ。人間なんだから。

そして、私が一番印象に残った相談員さんの言葉

皆さん、1日1回は自分で自分を褒めてくださいね。


掃除は苦手だけど、今日は朝からはりきって掃除した。
家族のために心を込めて、秋刀魚を下ろした
子供達は、今日も楽しく1日過ごしてくれたようだ

silfさんよくがんばりました
スポンサーサイト
Copyright © おかーさん!にっこりして♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。